スポンサードリンク

2007年08月15日

犬を飼いたい(買いたい)

我が家には犬が1匹いるのですが、

昼間は仕事の為、朝・夜の散歩と休日にすごしています。

昼間は退屈してそうだし、もう一匹いた方が良いと思い

購入することについて調べてみました。


犬や猫の購入って以外と大変なんです。

事前に知識として覚えておけば損はありませんよ。
−ここから−

犬購入の選択肢
・ペットショップで購入する

・インターネットで購入
 (ブリーダー・ペットショップ・オークション)等

・知り合いから譲ってもらう
 (子犬が産まれた、飼えなくなった等)

・動物愛護センターで譲渡してもらう



この中で、「知り合いから」「愛護センター」に関しては

費用は無料となるが、問題は、たまたま欲しいのがいれば良いが

犬を選ぶことが出来ない事が難点。

また、愛護センターから譲渡してもらう場合、講習等を受ける必要

があります。

Yahoo等で「動物愛護」等で検索してみて下さい。

地域によりホームページがありますので。


次に、ペットショップで購入する場合の注意点。

高価な犬を購入しても数週間で死んでしまった。

なんてケースもあるようです。

悪徳ブリーダーや悪徳ショップがあるためです。


なぜ購入後すぐに死んでしまうのか?

それは

感染症」によるものが多いのだそうです。

子犬の場合は「パルポウィルス」「ジステンバー」等の感染症

にかかってしまった場合、まず助かりません。

ですからまず、「感染症」に十分配慮しているお店を選ぶ事が

重要となります。

ワクチンの接種」「子犬の仕入れ」「ペットショップの環境

をよーく確認するようにしましょう。


一番良いのは、ブリーダーでもペットショップでも

実物や飼育環境を見にいける」所へ

実際に見にいく

ということです。

そして、

・犬の短所
・遺伝病や感染症にかかっていないか
・どのような環境で飼育されているか
・予防接種は済んでいるか

等を直接確認できるのがベストです。



ひらめきブリーダーへ訪問する際に以下の点を確認しましょう。


直接行く前に、まずは電話で問い合わせをしましょう。

その時に

・欲しい犬種の子犬がいるか
・出産予定はあるのか
・見学する事ができるか


を確認してください。


上記を聞いた時、あまり訪問してほしくなさそうなら、
そのブリーダーは危険と考え、訪問も見送った方が良いです。

悪徳ブリーダーは、「清潔でペットが快適に過ごせる環境

をつくるのにお金をかけたくはないのです。

その為、訪問されるのを嫌がります。


次に、

・子犬の譲渡時期はいつか?

40日以前でも大丈夫です。と回答があった場合は、

こちらも訪問をやめましょう。

あまりに小さいうちに母犬や兄弟犬と離されると、

社会性を欠いた犬になってしまうことがあります。


それから、

・ワクチン接種はしているか

通常生後50〜60日前後で1回目のワクチンを接種します。

しかし、悪徳ブリーダーは、ここでもお金をかけたくない為、

ワクチンを接種しないことがあります。

もし接種していないようであれば、訪問をやめましょう。

2回目以降のワクチン接種時期はいつになるか?

と聞く事で1回目のワクチンはいつ行ったかというのを

聞けると思います。



ひらめきペットショップへ訪問する際に以下の点を確認しましょう。

重要なことは、いつごろ仕入れられたか。

を確認しましょう。

生後50日以降にブリーダーさんから仕入れていれば安心です。

念の為「どこのブリーダーから仕入れましたか?」

と聞くと良いでしょう。

答えが曖昧だったり、様子がおかしければ、

嘘をついている可能性があります。


また、最近では自家繁殖しているところも多くなりました。

親切なペットショップなら親犬に会わせてくれるかもしれません。

購入する子犬について、成長した時の大きさや毛色の参考に

なりますので、母犬を見られるかどうか聞いてみましょう。


これは、という子犬が見つかったら、その子犬が生後何日位で

そのペットショップに来たのか聞いてみましょう。

生後40日以前に仕入れていた場合は、他を探した方が良いでしょう。

社会性を欠いている子犬の可能性があります。


生後70日以降に仕入れたという場合も注意が必要です。

ブリーダーから直接仕入れた場合を除き、やめた方が無難です。


また、ペットショップでも

・ワクチンは接種しているか

ペットショップでは、感染症予防の為、

なじみの動物病院でワクチンを接種していると思いますが、

念の為いつワクチンを接種したか聞いてみましょう。



・ワクチン接種は早すぎても、遅すぎてもいけない、
 ということを覚えておいてください。

−ここまで−
posted by TAKA at 00:00| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。