スポンサードリンク

2007年09月09日

犬が糞を食べちゃいます

最近、我が家の犬が自分の糞や、散歩中にも糞があると

食べてしまう事がありました。

いやぁ、マジでビックリしました。

でも、意外と他の犬もこの「食糞」という行為をしてしまう事が

あるようです。

調べた末、現在は改善していますが、なぜ糞なんか食べてしまうのか?

と言う事で調べた事を書いておきます。−ここから−

1.「食糞」は好奇心から。

犬は良く匂いを嗅いで何か探したり確認したり、

物を舐めてみたりかじってみたりします。
 
家の犬も与えたおもちゃのぬいぐるみなんかを噛んで

すぐボロボロにしてしまいます。

食べ物の他、家具や靴等も特に好奇心が強い犬は

かじってしまいますし時には食べ物ではないのに

噛んで飲み込んでしまう事もあります。

糞も犬にとってはそれらの物と一緒であると言う事。

人間なら、糞は「汚い」「食べ物ではない」と考えますが

犬にはその考え自体がないのです。

例えば、遊ぶおもちゃも何もなく、

退屈だった犬が放置されたままの糞に興味をもって、

かじり、食べてしまう。  と言う事があります。 
 
この場合の対策方法としては、なるべく糞をしたら放置せず、

かたづけて置くのが理想です。 

習慣になってしまうと大変なので早めに対処しましょう。

好奇心があっても、きちんと覚えさせてあげれば

問題ありません。


もし、糞を食べようとした所をみたら

止めてあげるのはもちろんですが

すでに食べてしまった場合、無理に取ろうとしたりせず、

あきらめましょう。

無理に取ろうとすると、「横取りされる」と思い、

手を噛まれたりしてしまいます。

退屈しないよう、飼い主が犬と一緒に散歩したり、

遊んだりする時間や機会を増やしたり、

興味もってくれるおもちゃを与えたりして、

気をそらしてやる努力をする事で改善する事が出来るでしょう。 


2.「食糞症」という病気

症例自体はごくわずかだそうですが、「食糞症」

と言う病気による事も考えられます。

この病気の原因として考えられる事は、

子犬の時にかなり早い時期から母親と離されてしまった場合。

母犬や兄弟等、他の犬との関りがなく育ってしまった際に

なる可能性があるようです。


あとは「栄養不足」によっていろいろな物を食べようとする事

もあります。

与えるフードは子犬用、成犬用、老犬用等ありますので

適したものを適した量、回数で与えるようにしましょう。

それと、すい臓に異常があった場合、「脂肪分解酵素の分泌」が

不足しますと食べた物が完全に消化されない状態で

うんちとして排泄されてしまい、うんちにフードのにおいが

残る事があります。

そういった場合も食べてしまう可能性があります。

お腹に寄生虫がたくさんいたりしますとやはり栄養が取られて

しまってうんちを食べてしまう可能性もあるようです。


出来れば一度獣医で検査をし、

これも出来ればなるべく毎日の散歩や食事の時間を

決まった時間にしてあげてリズムを作ってあげると

良いです。
posted by TAKA at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77442945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。